--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-09-28(Mon)

北海道3日目のきのこ

3日目です。9月20日です。
この日は、モエレ沼公園に行きました。めちゃくちゃきのこありました。
めちゃ楽しかったです。
本州では見れないものもたくさん見れて、感動です。

アミヒラタケ
幼菌

アセタケ属

ハラタケ属
シロオオハラタケ?

ベニテングタケ
幼菌

ヒメキツネタケモドキ?
明瞭な条線あり、柄に繊維模様なし

Mycena sp. ?

ベニテングタケ
幼菌。成菌は残念ながら見つからず

アカハツモドキ
ヒダ、柄は鮮やかなオレンジ色

ナヨタケ属?

ナヨタケ属?

ナヨタケ属?

ハタケシメジ

ハタケシメジ

ハタケシメジ

ハタケシメジとズッキーニの油炒め

アオネノヤマイグチ

アオネノヤマイグチ
基部の青変部分

ムクゲヒダハタケ?

アンズタケ属
最初キヤマタケかとw

アンズタケ属
きれいな連絡脈。

キチチタケ

キチチタケ

キツネノエフデ
なにげに初見・・w

ハムシ
大量にいた。きもちわるい。。

キツネノエフデの柄

ウグイスチャチチタケ!
おもしろい!!

ウグイスチャチチタケ
白色乳液

シラカバ林
なんか神々しいw


では!
スポンサーサイト
2015-09-28(Mon)

北海道2日目のきのこ

北海道2日目のきのこを報告します。
まあ、北海道についた日は17日の夜だったので、実質的には3日目ですが。

9月19日。この日は、あの白いタモギタケがとれたところ(詳しくはリンク参照)、円山原始林です。


でははじめます。(なにこのキャラ)



入ってすぐに、

シマリスに遭遇

しました。

写真にはとれなかったですが。




興味なかったので写真悪いですが。証拠写真?として。ニガクリタケ。広義。



最初フサヒメホウキタケだと思ったのですが、複数の方がシロヒメホウキタケだと言ってくださったので、シロヒメホウキタケとしておきます。断定はできないですが。
というか、シロヒメってもっとヒョロヒョロしてるかと思ってました。




そして!!この日の半ば目的、白いタモギタケ(冒頭参照)がありました!!これについては記事の最後の方で説明します。






ヒグロシベです。変色性なし・・。なんか不思議な色してる。粘性あり。
標本番号S0015-A。






なんか鱗片が黄色いナラタケです。なんか本種のナラタケと違うような気がするけど、広義のナラタケとしてしまっていいのでしょうか。





コプリノプシスかな?





てことで頂上の眺めです!札幌市全景が全貌できます。

ちなみにこの後どしゃぶりになって、急いで山を降りたので、下りのきのこは見てません。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


標本写真編です。





さっきの黄色い鱗片のナラタケ属です。
あいかわらずわかりませんが、、、ナラタケとしちゃいます。
標本番号S0014-A。







そして白いタモギタケ!(冒頭参照)
また生えててくれてうれしいです。今回の採取で、去年わからなかったことがだいぶ判明しました。
・カサが繊維状
・めちゃくちゃ強い粉臭あり。くさい。
・ヒダはやや垂生する。
・肉は淡黄褐色
・柄は中空〜髄状
などなど、です。
あ、ちなみに材上生です。


裏です。ヒメシロタモギタケに近いと見ています。なんなんでしょうか。
プレウロタスでいいのかな。それ以上はわからないけど・・・。
標本番号S0013-A。


次は、9月20日のきのこです。

さよならー(・_・)
2015-09-28(Mon)

北海道1日目のきのこ

こないだ北海道に行ってきました
その時に見たきのこを、日ごとに記事をわけて紹介します。
1日目は9月18日です。2種類だけです。
もともと、きのこ目的ではなくて、近所を散歩していたら見つけたのです。


硬質菌かと思ったのですが、違和感感じてみたので近づいてみました。


なんと!!!ヒダがあったのです。


「ヒラタケ」だあ!と思いましたが、肉の薄さと時期から考えてウスヒラタケかな?


すごい乾燥してました。標本番号S0012-Aとしてひかはく(ひかる博物館)に収蔵。


******************************



砂利に生えていました。ホコリタケ属でしょうか?


こちらも少し感想していました。表面はトゲがあります。
未採取。


2日目は次の記事で書きます!

追記:ひとつきのこを入れ忘れました。




全体的にビロード状です。柄は結構深くまで伸びていました。
ビロードツエタケでしょうか?カビが生えていたので採取はしませんでしたが。

さよなら〜(・_・)
2015-09-22(Tue)

北海道に来てるよ!

Ramaria sp.?
たくさん珍しいきのこがあってとても楽しいです。

Amanita muscaria
念願のベニテングタケを見ることができました!

また報告しますね!

おやすみなさいm(_ _)m
2015-09-15(Tue)

イボセイヨウショウロ(トリュフ)

13日は、博物館の菌類ボランティアとキノコの会との合同観察会でした!
菌ボラの人たちはかぶってる人が多いので、知ってる人たちがたくさんいました!

けっこういろいろ採れました!




(まんなかにうつってるのはひかる)

採集中。


タマゴタケもたくさん!


アメリカウラベニイロガワリ。ではなく、たぶん、オオウラベニイロガワリ!

このうち何本かは自分で取ってきたやつです。急な斜面に登って大変だった。

アカヤマドリ!今日の1番的なやつ。
美味しそう?


まだいろいろあったけど。。

とりあえず、タイトルにもあるように、イボセイヨウショウロ(いわゆるトリュフ)が地面から生えてるところを初めて見ました!しかも、大量に発生してました!!!!(この写真はちょっと集めたものです。でも、写真の中には自然に生えてるのもあります。)

断面は迷路状


コロコロと普通に転がってました。
知らなきゃ見つけられないと思います。

家に少し持って帰りました。
まだ成熟してないので、ほとんど香りはしません。
イボセイヨウショウロは成熟がゆっくりでカビやすいそうです。
家で部屋にコップに入れて置いておくと、部屋中に香りが広がるそうです。

あと、1、2ヶ月は待たないといけないかもしれません。
成熟したら食べてみようかと思います。

豆知識
トリュフは訓練した豚や犬に見つけさせるのは有名ですね。最近は豚にはやらせないそうです。見つけるとすぐ食べちゃうんだって。美味しいのかなー。

うちに持って帰ったトリュフたち。

小さいののいくつかは標本にしました。






2015-09-12(Sat)

マクキヌ、時系列で


きのうもマクキヌガサタケが卵から孵ったのですが、もうダメだと思ってたもう一つも今日孵ってしまいました。

これは出てきたところから気づいたので、時系列で写真を撮りました。

実際スッポンタケかマクキヌガサタケか卵の状態ではわからないのですが、出てきてくれたので、判明しました!

卵の状態から。この1番上の大きいパンパンに膨らんでるのが今日孵りました。
(きのうはその下のが孵った)
この写真は6日前のものです。▼



13時36分▼



14時16分▼



14時57分▼


15時58分▼




17時01分▼




21時01分▼




この辺は成功したことなかったし、なかなか育てるのは難しいと聞いていたので、嬉しいです。

あと、すっごい臭いです。
きのうから部屋に置いておけず、ベランダに置いておきました。
気温も上がったので、成長したのかもしれません。
残りの卵ももしかして孵るかもしれません?!

ちなみに最初5個ありました。
あとのふたつは入れ物が違うのですが、乾燥して乾いてしまいました。

スッポンタケ系は、蓋をして、湿度を上げるといいみたいです。それと、他の卵はすぐ孵ることが多いけど、これは時間がかかりました。





2015-09-11(Fri)

マクキヌガサタケが孵った!

このあいだの日曜日、キノコの会の観察会で富士山に行ったのですが、その時、マクキヌガサタケを見ました!
初観察です!


その日はマクキヌガサタケとスッポンタケのたまごがたくさんあったのでいくつかもらってきて、家で育てることにしました。





全部で5個です。

ずっと変化なしだったからもうダメかなーと思ってました。
今までもいろいろやってみたけど、スッポンタケは失敗ばかりだからです。
(今までに、ミヤマタマゴタケ、コテングタケモドキ、ニオイドクツルタケ、タマゴタケ、、、などは成功していました。)

そして、今日、マクキヌガサタケが孵りました!



臭いが、、、すっごい臭いです。

これは中国では高級食材です。
食べないけどね!!

キヌガサタケやその仲間は、成長のスピードが早くて、早いと30分くらいと開いてしまうそうです。
開くところを見てみたかったけど、見れませんでした。
また見つけたらチャレンジしてみます。

(スッポンタケの卵にはカビが生えてしまいましたw)

続きを読む

2015-09-04(Fri)

ササクレヒトヨタケのインク

昨日東大に行った時、ササクレヒトヨタケが大群生していました。

見事な群生でした。


持って帰った幼菌2本


密度がすごかったです。

溶け始めているのもたくさんありました。

まさに”インクキャップ”です。(ヒトヨタケの英名)

幼菌もたくさんありました。これからも賑わいそうなところです。

このきのこは、成熟すると溶けてしまうのです。一夜でなくなるからヒトヨタケです。

さて、これだけたくさんあったのでインクを作ってみることにしました。
持って帰ってきたのは2本です。

プラスチックケースに入れて溶けるのを待ちました。


半日ほどたつと、けっこう液化していました。

まだ液化していないのもけっこうあります。



溶けたので、紙コップに移してみました!





「うおおお、書ける・・書けるぞ・・」
なんと普通に書けました。
ただ、きのこ臭がすごい。臭い。くさい!!


「ひかる」って書きました^^


ササクレヒトヨタケの絵と、「ササヒト」の文字。
ササクレヒトヨタケのインクで描いたササクレヒトヨタケですw


そして、隠れたドラえもんマニアであるひかるなので、ドラえもんを鉛筆で描いて、ササヒトインクで塗ってみました。

たのしかった!


しかし、これ、知らない人が見たら怪しいですね。
「ひかる」が2文字、変なきのこの絵と「ササヒト」の文字、「HKCP」と謎のマーク、そしてドラえもん。
なんかすごく不気味。中央の黒いところから何か出てきそう。
そんなことどうでもいいですね。すいません。


あと、意外に2本でもとれるインクって少ないんですね。
ちょっぴりしか作れませんでした。
今度見つけたらもっとたくさん採ってきます!

さよならぴ~~。
2015-09-04(Fri)

8/29 静岡のきのこ

毎年恒例の静岡に行ってきました。2015年夏編です。キクバナイグチのシロにも行ってきました。案の定たくさん生えていました。

キクバナイグチ
8/29 キクバナのシロ

キクバナイグチ
以下、日付と場所同じ

アカヤマドリかと思ったら、

キクバナイグチの老菌でした。

不明種

サケバタケ?

アセタケ属

アセタケ属

アセタケ属

アセタケ属

アセタケ属
鱗片がすごい。

チャヒラタケ属?
カビが生えている。

ハナサナギタケ

繭に発生

ヒメコウジタケ?

ヒメコウジタケ?

これ、なんのクモ?

ジュズタンシキン科

地図の看板に・・

きのこ!

イッポンシメジ?

イッポンシメジ?

クサハツ類似種

クサハツ類似種

ヒメシロウテナタケ

ヒメシロウテナタケ
微小なきのこ。

アセタケ属

サケバタケ?

キクバナイグチ

キクバナイグチのカサ拡大

キクバナイグチのカサ鱗片

キクバナイグチ

ツバ拡大

アワタケ?

アワタケ?

アワタケ?

アワタケ?

ハナサナギタケ

ハナサナギタケ
繭から発生している。

スギカワタケ?

スギカワタケ?

イボタケ属

キクバナイグチ

アオサギ
いつも田んぼにいる。

取ったサワガニたち
食べないよ。

カエルもいました
ヤマアカガエルなの?

キクバナイグチBoletellus floriformis H3199
イグチ目イグチ科キクバナイグチ属×
鮮やかな赤色のカサで、鱗片が目立つ。管孔は黄色で、青変性あり。柄は繊維質。材上のことが多い。
サケバタケ?Pseudomerulius curtisii ?H3576
イグチ目イチョウタケ科キシワタケ属×
カサ径1cmほど。表面にささくれの痕跡あり。雨に打たれて消失した可能性が高い。ヒダは脈状。軟質で材上生(スギの倒木に発生)。
ハナサナギタケIsaria japonicaH6210
ニクザキン目ノムシタケ科イサリア属
さわると白い粉がつく。柄?は黄色い。細い木の枝のようなもので包まれた繭の中に菌糸が張り巡らされている。宿主部分は非常に脆く、持ち帰るのが大変だった。
イッポンシメジ?Entoloma sinuatum ?H1000
ハラタケ目イッポンシメジ科イッポンシメジ属×
最初はハイイロシメジだと思ったが、ヒダが肉色を帯びていたので、イッポンシメジ属Entolomaと判断。さらに、白っぽいので、イッポンシメジかその類似種かと思われる。が、胞子を見なければわからないのだが、サンプルを採取していないため未確認。

© 2015 HKCP / Hikaru Yamashita.
同定 山下光・Tさん(一部)
撮影 山下光・Mさん(一部)
編集 山下光
採取 山下光・Mさん

作曲依頼

ひかるに作曲依頼を出すことができます。
この広告を埋め込む場合、こちらのコードを参照してください。
プロフィール

ひかる

Author:ひかる

こんにちは!ひかるです。
きのこが大好きな中学1年生です!♪(*^^)

「HKCP(ヒカシーピー)」という会社・グループの代表です。
主にその活動をしています。
公式サイト

所属は東京きのこ同好会、神奈川きのこの会、地球博物館の菌類ボランティア、日本菌学会関東支部など。!
専門はベニタケ属(のつもり)。


きのこ以外の趣味は、ピアノ、オーケストラの作曲、プログラミング、映像制作などなど。
2014年春、ピアノコンクールの全国大会で優勝したよ(>▽<)/
2015年夏、ぼくの作った曲がオーケストラで演奏されたよ(・∀・)
Soundcloudにアップしました(‘・・)ゞ→こちら


プログラミングは、PHP、javascriptなんかいろいろやってます。

最近は撮影にはまっています。


気軽にコメントとかよろしくお願いします^o^

twitterもやってます!@hikasukeponです!

よろしくお願いします〜!(^_-)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
ブログランキングやってます!
ブログランキングやってます。 もしこのブログが面白いというかたは、ぽちっ!とお願いします。

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
Twitterやってます!
Twitterやってます(^_^
カテゴリ
月別アーカイブ
ミニきのこ図鑑
図鑑と言っても、写真と名前です。 写真集と言ったほうがいいかもしれません。 ぼくが採った/撮った写真を使用しています。 本家サイト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
778位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
84位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

MANGA41

天然歩記~山菜・きのこの無名庵ブログ~
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。